地域エネルギー・サービス

SERVICE

木質バイオマス システム

コールバッハ社 ボイラー写真

ニッポンの森林再生と CO2 の削減を同時化し、地域熱電供給や各施設の冷暖房、 給湯、加温、融雪、床暖房、 エネルギーコストの削減に最適です。

  • 木質バイオマスを利用するメリット

  • 01

    二酸化炭素の排出を抑制、地球温暖化を防止

    木材のエネルギー利用は、大気中の二酸化炭素濃度に影響を与えないというカーボンニュートラルな特性を有しています。

  • 02

    廃棄物の発生を抑制

    製材工場の残材や住宅解体材などがバイオマスエネルギーとして有効に活用されれば、廃棄物を減らし、循環型社会の形成に役立つことになります。

  • 03

    エネルギー資源としての積極的な利用

    エネルギー源の多様化、リスクの分散という意味からもバイオマスエネルギーの利用を広げていく必要があります。

  • 04

    森林の適切な整備への寄与

    森林は間伐や伐期を迎えた樹木を伐採するなどの適切な森林の整備が不可欠で、多くの未利用間伐材等が燃料等として価値を持つことが出来れば、林業経営にも寄与し、森林整備の推進にも繋がることが期待されます。

  • 05

    山村地域の活性化

    地域の未利用資源をエネルギーとして利用することで、資源の収集や運搬、エネルギー供給施設や利用施設の管理・運営など、新しい産業と雇用が創られ、山村地域の活性化にも貢献します。

■木質バイオマスを利用した「地域資源循環」サプライチェーン

  • 「地域資源循環」サプライチェーンの図