2019.6.17

日本エネルギー学会機関紙 えねるみくすに掲載されました

日本エネルギー学会機関紙のえねるみくす5月号「特集記事:省エネ対象に見る省エネ技術の最新動向」にて、おとぎの宿米屋様での取り組みが掲載されました。(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jieenermix/98/3/98_315/_article/-char/ja/)

■抄録


福島県内にある温泉宿「おとぎの宿 米屋」が東日本大震災を機に省エネに取組み,成果を上げた事業である。温泉宿やホテルといった宿泊業は一般的に,エネルギー等の消費量及びCO2の削減余地が大きいとされるが,温泉排湯熱と冷房排熱を活用した高効率なヒートポンプを導入し,冷暖房・給湯を行うとともに,エネマネ事業者を活用し,エネルギー管理システ ム(EMS)の導入と見える化を図ることで,2016年からの稼働実績ではエネルギー削減量(原油換算)47 kL/年(削減率18.1%)を達成した。このような取り組みとオーガニック認証を受けた食材とコスメをお客様に提供することで,日本で初めて温泉旅館としてビオホテルの認証を受けた。


弊社では、温泉宿を始め、介護施設や病院等でもコスト削減に資するシステムをご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。