2019.5.16

第48回環境フォーラム 基調講演に登壇いたします

東北大学 田路和幸教授が車載用蓄電池を活用した高効率PV利用システムの開発についてお話頂いた後、 弊社 代表取締役 白石 昇央が講演を致します。
企業や家庭での省エネに関心のある方、再生可能エネルギーの活用、BCP(Business Continuity Plan/事業継続計画)対応に関心のある方をはじめ、 大学生や大学院生のご参加も大歓迎です。


■日 時 2019/05/24(金) 16:00〜17:10
■場 所 エコラボ(東北大学青葉山キャンパス)
■主 催 東北大学大学院環境科学研究科,NPO法人環境エネルギー技術研究所

■プログラム【お申込み】
16:00〜
挨拶 霜山 忠男(NPO法人環境エネルギー技術研究所理事長)

16:05〜
田路 和幸 氏(東北大学大学院環境科学研究科 特任教授)

本システムは、太陽光発電を地産地消する全く新しい利用システムの提案です。
蓄電池を活用するれば、従来の系統連系のためのパワーコンディショナー(Power Conditioning System:PCS)を無くすことが出来るだけではなく、 可能な限りデバイスを簡略化できるため、安価かつ高効率化、長寿命化が達成できます。
また、平時は生活に利用しながら非常時の BCP 対応にもなるなど、システムについて解説します。

16:25〜
脱炭素イノベーション戦略連携による新たな収益モデルの【創発】
白石 昇央 氏(株式会社エナジア代表取締役)
宮城、福島の復興と再生可能エネルギー普及に向けての当社の取り組みをご紹介します。

平常時のコスト、CO2 削減、災害時の自立、これらを同時に実現することは可能です。 東北大学 Ecollab.(エコラボ)ZEB 化事業と今後の展開も含め具体的にわかりやすく解説します。


【お申込み】

お名前とご連絡先を事務局あてにお知らせ下さい。
NPO法人環境エネルギー技術研究所 事務局 早川
info@sftee.or.jp